スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラ派遣を振り返るVOL.4【バングラデシュで何をしてきたか】

こんにちは、テルです。
今日は、バングラデシュ派遣のメインであるプログラムを中心に話したいと思います。

CIMG4848.jpg


バングラデシュはどういう国なのか
バングラデシュは世界最貧国の一つです。インドの東側に位置する国です。世界で一番人口密度が高い国と言われており、人口は世界で9番目。約1億6千万人が北海道の2倍程度の土地に住んでいることになります。ですが、国勢調査などが正確に機能していないのが現状で、実際にはもっと多いのではないかと以前政府関係者からうかがったことがあります。公用語はベンガル語、第2公用語として英語が取り入れられています。
国旗は、豊かな大地を表す緑に、太陽の赤が特徴。日本の国旗と似ています。
一般には貧しいというイメージが先行されがちですが、肥沃な大地と豊かな自然があり、国民性は非常に明るく、社交的です。絵画、踊り、音楽、詩などの芸術も素晴らしく、イスラームの宗教とベンガル人としてのアイデンティ、そして隣国の様々な影響を巧みに取り入れた特徴のある文化を持っています。

IMG_5062.jpg



そもそもバングラデシュで何をしてきたのか
私たちはバングラデシュで行なってきたことは、新しいライフスタイルの提案です。
新しいライフスタイルの提案とは、バングラデシュの貧困層の人々により良き生活を送ってもらうための新しい知識を提供するということです。

IMG_1510.jpg



バングラデシュの何が問題なのか
バングラデシュには様々な問題があります。土壌に含まれるヒ素が人体に影響を及ぼすという被害があり、乳幼児の死亡率は日本の20倍とも言われています。下痢による栄養失調で多くの人の命が奪われています。都市部は貧困による物乞いやストリートチルドレン。売春、薬物、公害などの問題があります。その他にも、飢餓、不衛生、格差社会、ごみ問題、治安の悪さなど数々の問題が指摘されています。

CIMG4812.jpg

DSCF3957.jpg



解決できる問題と解決できない問題
上記にあるように、バングラデシュには解決すべき様々な問題があります。ですが、その多くは問題として浮き彫りになっているにもかかわらず、解決するための手段が見つかっていないのです。特に複雑に絡み合っている問題は厄介で、その場限りの対策程度しか取ることが出来ず、根本的な解決に至る見込みがありません。
例えば、物乞いやストリートチルドレンの問題。これは多くの問題が絡まり合い、解決が難しいとされる問題の一つです。都市部には毎日多くの人間が入ってきます。地方からの出稼ぎ目的や都会に憧れを抱いてくる人がほとんどです。その中には少年少女も多くいます。彼らが職を求めて都市へ入ってくるのだから、当然いつかは飽和状態に陥ります。職を失い、帰る場所のない者は物乞いになるしかないのです。物乞いやストリートチルドレンはスラムを生み出し、薬物や売春などの犯罪の温床を作り出してしまいます。この問題を解決するためには、都心部への人の流入を制限しなければなりません。しかし、それが現実的には不可能に近いことは容易に想像がつきます。
バングラデシュは今、世界各国から注目を浴びています。低賃金であり、豊富な労働力が存在するからです。首相のシェイク・ハシナ氏は、優遇地域や経済特区を設定し、海外の企業を誘致して国の経済を盛り上げる政策を打ち立てており、首相訪日の際には、「日本のインフラ投資への能力と経験がバングラデシュの成長の大きな支えになる」と強調しました。このような優遇策のため、日本だけでなくインドや韓国、中国などの企業も続々とバングラデシュに進出しており、バングラデシュ国民は否応なく資本主義の波に飲み込まれようとしています。他にも解決すべき問題は山積みであるはずなのに、政府は国の人口の把握すらままならない脆弱な体制のまま、世界経済のシステムを自国に取り入れようとしています。このような中、海外の資本主義システムが蔓延すれば、貧困層の人々は経済的に大打撃を受けることは想像に難くなく、彼らの生活は否応なく資本主義の波に飲まれ、いとも簡単に生活を圧迫することでしょう。例えば、現地の繊維市場に他国の繊維業者が介入することによってどのようになるでしょうか(すでにユニクロなどの企業が入っていることは知られています)。伝統的な産業が失われ、いくつかの貴重な文化は失われてしまうことも考えられます。国内外の企業は現地の文化よりも利益を求めると考えられます。現在の政府の政策は、なんとかバングラデシュという国を国際社会に適応させ、国際的に認められる国の一つになろうと躍起になっているようにしか見えないという声もあります。国を見て人を見ず。今の政府は地図の上からでしか国を見ていないのです。
また、バングラデシュは人口の9割以上がイスラム教徒と言われています。資本主義とイスラム教は相容れない点がある、という問題提起は昔からなされてきました。かつて商人の宗教と言われていたイスラム教が、欧米諸国の創り上げた効率性と合理性を追究した近代の経済システムに完全には適応することが出来なかったという歴史的見地からの指摘もあります。この指摘から考えれば、バングラデシュでは現代の世界経済システムは根付きにくいのではないか、と考えることもできます。この内容に関する詳細な説明については専門家や専門書に議論を譲りますが、先に述べたようにバングラデシュという国はその強大なシステムを自国に取り込もうとしているが故に、大きな転換期を迎えようとしているのです。




私達に何ができるのか
私たちはマダリプルという、バングラデシュの首都ダッカ南部にある農村を訪れ、そこの村人に対し、4つのテーマにそって啓発活動を行なってきました。
4つのテーマとは、「健康」、「環境」、「栄養」、「文化」です。


「健康」
マダリプルの村人の健康状態と健康習慣に関する現状を調査し、マダリプルの人々に、より健康的な生活を送る方法を啓発する。


「環境」
マダリプルのインフラについて調査する。
現地住民と一緒にゴミ拾いを行い、衛生環境に関する意識を向上させる。
ゴミ処理システムを導入し、ごみを処理する方法を啓発する。
生活用水を採取してヒ素濃度を検査し、村人に危険な水源を知らせる。

「栄養」
栄養価の高い食品や料理を紹介し、マダリプルの人々に栄養について理解してもらう。


「文化」
バングラデシュと日本の文化を比較して紹介することによってマダリプルの人々に日本文化について知ってもらう。興味を持ってもらう。
バングラデシュのローバースカウトと共にプログラム活動を行うことで、異文化理解を深める。
現地のローバーの活動について調査し、スカウティングについての理解を深める。



IMG_3240.jpg



我々メンバーの中で、バングラデシュで我々ボーイスカウトが、日本人として、一体何が出来るか議論を重ねました。実際、お金さえあれば、何でも与えることはできるし、問題と言われていることの多くは解決できるでしょう。しかし、それはすでに述べたように、根本的な解決にはならないのです。
スカウティングを通して私たちスカウトができることは何か。メンバー同士でグループを組み、議論した結果、私たちがやるべきことは小さなアクションでインパクトを与えられることであることが必要であるということで意見が一致しました。その中でとりわけ問題解決へのアプローチが容易なもの。それが上に示す「新しいライフスタイルの提案」でした。
新しいライフスタイルの提案というフレーズを聞くと、「提案とは消極的な手法だ」思われる方もいるかも知れません。しかし、私たちは劇的な変化を望んでいるのではないのです。プロジェクト期間であるたかだか十数日で行う活動で与えられる変化など、たかが知れているのです。限られた時間の中で最大のインパクトを与えられるのはどのようなアクションなのか。私たちにしかできないアプローチ方法があるに違いないと考え、考案したアクションがいわゆる草の根の活動なのです。

直接現地にいる人々と触れ合い、生活や活動を共にすることによって、彼らの考え方や価値観に新しい考え方を加えていこう。大きな変化の渦中にあるバングラデシュの人々に、価値観の押し付けではなく提案として、それに耐えうる知識、人として生きていくための生活の知恵という力を与えよう。私たちはそのように考えるに至りました。それは物やお金を与えることではなく、考え方や生活の枠組みといった構造的なものへのアプローチなのです。
この手法の大切なポイントは、彼らに知識だけでなく、考えるきっかけを与えるということです。彼らに問題や問を投げかけ、彼らからその答えを引き出す。このプロジェクトをトリガーとして、自ら問題を発見し解決しようと動機付ける。外からの知識の提供と、内部からの問題提起。外と中の両方からのアプローチによって、この貧困は打ち壊せると考えたのです。
そして、このライフスタイルの提案の中には、「人類普遍の危険」についての啓発とその解決も含まれています。例えば、ヒ素の問題とゴミの問題です。一定量以上のヒ素を含む水を摂取し続けることは全人類において危険であると言えます。また、ゴミに関しても、放置したごみによる伝染病の蔓延という危険が潜んでいます。このように、人間として生きていく上での危険となりうるものを取り除く、もしくは解決するための手法を提供することも踏まえ、プログラムを計画しました。
学校教育にも取り入れられているほど、スカウティングはバングラデシュで影響力のある活動です。この共通の活動と、そして各人の持ちうる知識と経験を武器に、私たちは「新しいライフスタイルの提案」を軸に、「健康」、「環境」、「栄養」、「文化」の4つのテーマに沿って議論した結果、上記のプログラムを考案しました。
以下にもう一度載せます。

「健康」
マダリプルの村人の健康状態と健康習慣に関する現状を調査し、マダリプルの人々に、より健康的な生活を送る方法を啓発する。

「環境」
マダリプルのインフラについて調査する。
現地住民と一緒にゴミ拾いを行い、衛生環境に関する意識を向上させる。
ゴミ処理システムを導入し、ごみを処理する方法を啓発する。
生活用水を採取してヒ素濃度を検査し、村人に危険な水源を知らせる。

「栄養」
栄養価の高い食品や料理を紹介し、マダリプルの人々に栄養について理解してもらう。

「文化」
バングラデシュと日本の文化を比較して紹介することによってマダリプルの人々に日本文化について知ってもらう。興味を持ってもらう。
バングラデシュのローバースカウトと共にプログラム活動を行うことで、異文化理解を深める。
現地のローバーの活動について調査し、スカウティングについての理解を深める。



これらの問題をピックアップしたのは、理由があります。
・問題として認識されているかつ解決策が見えているもの
・問題の因果関係がシンプルであること
・解決策が見えており、かつ私たちに解決が可能であること


少々長くなってしまったので、今日はここまで。
プログラムの詳細については、また続きます!!
ドンノバード!!
スポンサーサイト

バングラ派遣を振り返るVOL.3【ボーイスカウトとプロジェクト】

アッサラーム・アライクム!
こんにちは、Crew15のテルです。

Crew15バングラ派遣におけるメンバーのスキルはとても高かったと記憶しています。
僕は第13回派遣から本派遣の3年間、バングラデシュ派遣に関わってきました。僕の関わってきた3年間の中で、メンバー全体でいえば、経験に裏付けされたスカウティング・スキル、知識ともに一番であったと思っています。
もちろん、お世辞も多少入っています。

IMG_2868.jpg



経験(準備)に裏付けされた自信とスキル。これはこの3年間、ローバー活動やバングラ派遣に関わってから、僕がずっと心の中で大切にしてきたものであります。そして、これはスカウティングを語る上で重要なキーワードの一つだと考えています。

メンバー全員がこれを有しているプロジェクトは今回が初めてでした。去年の12月に初めて全員で顔を合わせた時から、メンバーそれぞれのポテンシャルの高さを感じていました。



ムダに意識が高いわけではなく、しっかりと経験があって、それをベースにした意識の高さがあるということ。そして、自ら求めて学ぶという精神が身に付いており、それに基づいた向上心を持っているということ。そして、自らの言葉で自分の考えを語り、実行に移す力を持っていること。

プロジェクトを理想的なものにするための下地は充分でした。このメンバーとなら、発展的なプロジェクトを計画し、実行することができる。僕はそう確信していました。

プロジェクト実行するにはこれら要素が揃っていれば充分と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。これではまだ不十分。
最も重要な要素が抜けています。

それは、「スカウト精神」にほかなりません。

今まで数多くのプロジェクトに関わってきましたが、ボーイスカウトのプロジェクトの一番の特徴は、スカウト精神を全員が共有できているということに尽きると思うのです。
そして、バングラデシュ派遣ではこのスカウト精神が大きな役割を果たします。

全員がスカウト精神を身体に染みつけていること。
ボーイスカウトという同じバックグラウンドを持っていることによる安心感。
そこから生まれる連帯感。ジャンボリーやキャンプ経験を共有してきたからこその、深い共感。



これらが創りだす濃密な空気が皆の意識を刺激する。チームで何かを企画し、実行するという意識を高める。全員が流れを意識している。議論の仕方を知っている。
皆が仲間であり、互いを尊重しつつも、誰かが誰かのライバルである。互いに高め合うことができる。


スカウト精神が抜けてしまっているプロジェクトは、チームの雰囲気作りに多大な時間と労力が必要になります。個々人のコミュニケーション能力が相当高くなければ、なかなか実現しないと思います。
ましてや、日本中から集まり、異なる価値観や生活スタイルを持っているもの同士であれば尚更チームとしてまとまるのに時間が必要だと思います。

バングラデシュ派遣のプロジェクトでは、全員がスカウト精神を予め共有していました。
初めて会ったはずなのに、初めて言葉をかわすはずなのに、どこか懐かしく、親しみやすい。そして、初めて会った気がしない。
そういう空気がボーイスカウトの中にはあります。僕はそう感じます。

これは日本のスカウトだけの話ではありません。
バングラデシュのスカウトも私たちと同じ精神を共有しています。


だからこそ、バングラデシュ派遣のような国際プロジェクトが実現するのだと考えます。
しかも、短期間のうちに、です。
本プロジェクトの企画期間はわずか3か月でした。この短い期間で計画を練り、プロジェクトを成功させたことは、大きな自信につながるとともに私の誇りである、とバングラデシュのスカウトが最後に言ってくれたのを覚えています。



まだまだ思うところはたくさんありますが、今日はこの辺で。
つづく

IMG_4780.jpg

バングラ派遣を振り返るVOL.2【直前集会2】

こんにちは、Crew15サブクルーリーダーのテルです。
また写真を元に、バングラデシュ派遣を振り返って行きたいと思います。

直前集会では、派遣団理念について議論しました。
派遣団理念とは、バングラデシュという異国の地で活動するにあたり、派遣メンバーが共通に抱く理想、行動規範のことです。
バングラデシュという気候も環境も、文化、生活習慣、食べ物も宗教も人種も違う国で活動していると、どうしても当たり前のことが当たり前にできなくなってしまう場面が出てきます。
バングラデシュの現実や入ってくる情報に圧倒され、自分の本来の目的を見失ってしまうこともあります。


このようなとき、日本ローバーが共通に認識し、迷った時に立ち返れる場所として機能するもの、それが派遣団理念なのです。
スカウトとして、ローバーとして、チームとして、そして、一人の日本人として、バングラデシュという国に対してどのようなことができるのか。
自分たちはどう在るべきなのか。心の中にどのような理想を描き、バングラデシュに行くのか。
互いの想いを言葉にし、深い議論が展開されました。



IMG_2817.jpg

真剣な眼差しのマーシー。この派遣にかける思いの大きさがうかがい知れます。



IMG_0581.jpg

熱い議論が展開するテーブル。テルは室内でもサングラスを外さない。これは固い信念の現れであるとも言えるでしょう。

ヌックは記録係として活躍。ケントは考えるポーズで他を圧倒。




IMG_2804.jpg

司会とファシリテーターを務めるコーセーとモッサン。コーセーは余裕なのか!?
ちなみに、モッサンはここに来る前にノートパソコンを落とし、ディスプレイを破壊しました。





IMG_2816.jpg

こちらも真剣な眼差しの二人。真剣さというのは、ふざけることと紙一重。




IMG_2814.jpg

ちょっと眠そうなナツオ。





IMG_2818.jpg

ちょっと眠そうなアヤネ。




P1140240.jpg

議事録は任せろ!タクの指は止まるところを知らない。





IMG_2815.jpg

派遣2年目のホシは、派遣団理念にどのような思いを込めるのだろうか?





IMG_2810.jpg

我らがマスコットのペンギンも議論に参加!一見何も考えていないようですが、きっと何かを考えています。




こうして何時間にも及ぶ議論の末、考えだされたのが、Crew15の派遣団理念です。


【Crew15派遣団理念】

深まる友情
バングラデシュの人々に敬意を持って接する。相互に理解し、信頼関係を築く。

加速する進化
己を磨き、共にプロジェクトを進める。バングラデシュの問題を明らかにし、解決を目指す。

終わらない夢
スカウトの共通理念であるちかいとおきてを実践する。今後のローバーリングとバングラデシュの発展の可能性を模索する。




これが私たちの派遣団理念です。
どんなことがあろうと、この言葉だけは忘れない。つらいことがあっても、この言葉があれば乗り越えることができる。この派遣団理念が決まったとき。それが、私たちの決意とバングラデシュに対する想いは確固たるものになり、派遣メンバーとして一層結束した瞬間でした。

つづく

バングラ派遣を振り返るVOL.1【直前集会】

バングラ派遣を振り返るVOL.1
【直前集会】

こんにちは、サブクルーリーダーのテルです。
バングラデシュ派遣への参加は3年目。ずいぶん長く関わってきたものです。
3年目にして新しい発見もありました。今回はサブクルーリーダーとして、出しゃばりすぎない程度に陰ながらCrew全体をサポートしてきたつもりです。

帰国から2週間ほど経ちました。帰国直後は吸収したものが多すぎて、その情報を消化するのにいっぱいいっぱいでした。また、バングラデシュの現実に圧倒されたというのもあります。
この2週間。3年分の情報と、経験を自分なりに考え解釈してきました。今になりようやく、吸収した情報が自分のものになり、自分の言葉で語れるようになってきました。少しずつですが、それらの思い出についてこのブログで振り返っていきたいと思います。

膨大な写真(1万6千枚もある!!)を一枚一枚見ながら、この派遣で自分が得たもの、感じたもの、考えたことを書いていきます!










さて、

IMG_2752.jpg

まずはユニフォーム授与式。アヤネのデザインによって作成されたユニフォームを全員に配布しました。
サングラスをして分からないが、テルは全力で喜んでいます。







IMG_2755.jpg

さっそく着用。






IMG_2756.jpg

後ろ姿。







IMG_2757.jpg

実にキマっている。






P1140227.jpg

こんな僕ですが、Crew13の時に記録係で培ったスキルを活かし、カメラマンとしても活躍しました。
じいちゃんの形見の一眼レフをさげ、バングラをあらゆる角度から激写!

例えばこんな写真。






IMG_3567.jpg

夕日に向かってたたずむマーシー。
彼は彼の国で何を思い、何を感じ取ったのだろうか……

写真を元に振り返るCrew15のバングラ派遣。
次の更新に乞うご期待!

おもいで

ざ!こんなこともありました!

どうも、まぐなむです。
いやー、バングラ派遣色々ありました。
今日もお酒煽りつつ写真を見ながら思い出に浸る。おっさん臭くてなんとも楽しいですばい。

そういうわけでブログ書いちゃいます!

なんかブログ書くときは面白くとかクルーリーダーさんが言ってたけどあいつの記事よりって面白いのかな?
そんな疑問は置いておいてがんばります!

DSC02024_convert_20120324204714.jpg




クルージングから一枚!

いやー、俺とほっしーですね。
かっこいいですねー。
絵になりすぎて怖いです。自称イケメンではこうはならないでしょうよ。

体力的にきついきついと思っている毎日。バングラ側の提案したクルージング。

正直、これはきつい・・・とか思って参加してみたら、面白いのなんの。

調子にのってこんな写真を撮っちゃってます。
参加していないこのブログを見ている皆さんも俺たちがどんだけ楽しんでいるのか目で見てわかるでしょう!?


帰りは寒くて震えるし、この2日後に俺は下痢でダウンするんだけどね。

楽しい楽しいってことしか書いてないけど、実際楽しかったから!
この記事を読んだ人がそのことを汲み取ってくれたなら最高です!!

これから気が向いたらこんな記事書きますから、見てください!!

ほっしー、勝手に写真使っちゃったよ!ここで謝罪させてください。すまない。

帰国

本日、crew15全員なんとか無事帰国しました。
病気になった人もいれば、まったく元気だった人もいますが、
とにかく13人全員で帰国できました。

日本ってこんなに寒かったっけ?
なんで信号を守るんだ?
クラクションが鳴らないぞ!
ラーメンってこんなに美味しかったっけ?
色々なことを考え、思いながら帰ってきました。

写真などは近いうちに写真集をUPする予定などで
そちらを見てください。

今後も色々と更新していく予定なのでみなさま、
これからもお願いします。


かえってきたからって、終わりじゃないよ。
ここからがまたスタートだ!!!

では、おやすみなさい。

クルーの様子

まいど!
クルーリーダーのケントです。
昨日嘔吐しました。下痢、38.8度の熱もあるので、今日のダッカ市内観光はおやすみです。
しかし割と元気です。
部屋で一人で泣いています。

P1030922.jpg
まさかこんなことになるなんて

しばらく記事の更新止まってました。すみません。
クルーの現在の状態!
僕ケントは高熱はあるものの調子はいいので火照った体を持て余しています。

サブクルーリーダーテルは元気そのもの、この派遣の為に買ったサングラスをいつもかけてはしゃいでいます。
teruo.jpg
似合ってる?

会計ヌックも僕と同じ症状で一緒にお留守番。熱は下がったようです。
nuck.jpg
美人と一枚

装備担当モッサンは下痢と高熱に倒れ、プログラムの最初と最後しか参加できませんでした。今は元気です。
mossann.jpg
笑顔がかわいいbyダッカローバース

生活担当おやじは毎日慈母のように病人の介護にあたっています。イケメン。
oyaji.jpg
船の上にて

生活担当アヤネもとても元気で、今日は僕のパッキング手伝ってくれました。今頃ショッピングを楽しんでいることでしょう。
ayane.jpg
カウンターパートのタニアと

プログラム担当ナツオは疲れてはいるものの、よく寝てよく食べ、いいペースで野生化しています。
natsuo.jpg
なつおの食事は基本的に手を使う

同じくプログラム担当のマグナムも、マダリプルから帰ってくる前日に僕と同じ症状でゲロってましたが、今は元気になって昨日も遅くまで水質調査をしてくれました。
magnum.jpg
実は細かいところまで気が利く

ほっしーも元気いっぱいで、毎日ヒョロヒョロしています。
hoshino.jpg
カウンターパートのセリムは去年も参加したナイスガイ


記録担当タクはマダリプルで下痢になり、なんと病院へ行きました。今日も体調を崩してしまっていましたが、みんなの制止を振り切ってショッピングへ。大丈夫かな。
taku.jpg
カウンターパートのラージと一枚。クレイジーな奴であることは彼の目を見るだけでお分かり頂けるであろう。

レクリエーションのコーセーは底なしの体力で体調を崩すこともなく、町に行けばあちこちで写真を撮られています。イケメン税を導入するべきです。
kose.jpg
はいはいイケメンイケメン

渉外担当マーシーもずっと元気であちこちのかわいい女の子に声をかけては名刺を配って写真を撮っています。何か鬼気迫るものを感じます。
mercy.jpg
Can I take a photo?

そして派遣団長オカさんはいつもお父さんのように僕たちを見守り、導いてくれます。
okasann.jpg
この笑顔


ここにきて体調不良者が続出しています!
疲れか、暑さか、原因はわかりませんが、パンテミックです。
しかし心配ご無用、Crew15はどんな困難でも不屈の精神で乗り越えます。

今晩、いよいよ帰国!

プログラム

ネット環境が悪くしばらく更新できませんでした。
時間をみつけ、随時更新していきます。

ひとまず、マダリプルでのプロジェクトが終了し、
ダッカに帰ってきました。
みんな全力を出しすぎて、数名ダウンしたものもいますが、
現在はお腹をこわし気味の者もいますが、全員元気です!
色々な詳細はまたにしますが、
プロジェクトは成功ということで幕を閉じました。
帰国してからがさらに大変ですが!


明日はショッピングです。


マダリプルに戻りたい!!
本当に離れるのが寂しく感じました。
プロフィール

crew15

Author:crew15
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
バングラデシュでのCrew15のプロジェクトや活動情報を報告します。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(crew15.bangladesh@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。