スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crew14活動紹介②

あみとまけぱろばし…!(注:愛してる、の意)

皆さんこんにちは、クルーリーダーのケントです。
Crew14活動紹介第二弾は、得られた効果、についてお話ししましょう!

Crew14の目玉活動の一つが、ヒ素濃度の測定です。
バングラデシュの農村の人たちが普段から利用している水には、「ヒ素」という毒が含まれています。
ヒ素の濃度は場所によってまちまち。それを調査しました。
ヒ素濃度の調査には、エアブラウン株式会社様から無償提供していただいた、ヒ素濃度調査キットを使用しました。

blog11.jpg
ウン十万円の代物

とにかく…汚い!
という感覚もあくまでも日本人の常識ですが、こんな水で彼らは生活しています。

blog10.jpg
いろいろ浮いてる

このようなため池が村中あちこちにあり、それらの水を回収して、調査していきました。
それらを夜な夜な調査し、調査しきれなかった分は日本へ持ち帰り調査を続けました。

blog12.jpg
夜を徹しての作業

やはりヒ素は多くの水に含まれていましたが、我々の想像とは裏腹に濃度は低いものが多かったです。
しかしWHOが定める最低基準を超えているものが多数で、少量でも長期にわたる摂取が原因で中毒は発生します。油断はできません。
この調査で得られた結果は、貴重な資料として論文にも引用されました。

それからもう一つ。「ポリグル」という薬品を使った啓発について。
日本ポリグル株式会社様から提供していただいたポリグルは、白い粉末状の薬品。
これは水に含まれる汚染物質を絡め取ってしまうすごい薬品。ヒ素も除去出来てしまうようなのです。
このすごい薬品を使って啓発活動を行うということにはいくつか問題がありました。

blog14.jpg
なにやら怪しい白い粉

一つ目は、バングラデシュの人々は「物をもらう」ということに慣れてしまっている、ということ。
ポリグルを配るだけでは、彼らの自立になりません。いつも通り、物をもらってその場をしのぐ。
さらに、物資の支援は多くのNPOやNGOが既にやっています。
これでは自立のきっかけにもなりません。

blog13.jpg
啓発活動も奥が深い

そしてポリグルの利用方法、今回はサンプルとして特別に提供するが、これ以降は自分でお買い求めください、大変お安く売っております、等、「ただあげてるんじゃないぞ」というアピールを行いました。
あくまでもきっかけです。

このように、去年の派遣ではデータ採取、企業からの協賛、という今までにない成果を挙げることができました。
この経験は、Crew15に引き継がれます。
そしてより発展的なプログラムの展開へと繋がるのです。
この過年度参加者とのつながりが、バングラデシュ派遣最大の強みの一つでもあるのです。

今回はここまで。
堅苦しい記事が続きました。
次回は「バングラデシュの文化」についてお話ししましょう。
それではまた!



Written by Kento.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crew15

Author:crew15
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
バングラデシュでのCrew15のプロジェクトや活動情報を報告します。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(crew15.bangladesh@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。