スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介【マーシー】

泊 昌史(とまり まさし)と申します。
横浜第71団に所属しています。
担当は、双方のかけあいをする、渉外です。
 
さて、唐突ですが質問させてください。
ボランティア活動をすることは、どのような意味があるのでしょうか。
駅の前に座り込んでいる、ホームレスのおじさんたちを無視してまで、
海外支援を行うことに、優先的な理由はあるのでしょうか。

大学の課業やアルバイトの時間を割いてまで、東京、大阪、名古屋でつどい、
私たちは、現地で執り行う活動をこつこつ決めてきました。
今までの経費もさることながら、
これからも、そう安くない資金をはたいて、海を越えます。
恋人や友人たちと、華やかな都会を旅行するのではありません。
チームで、ある貧しい農村に向かい、
村民たちが抱えている生活環境の諸問題を、
少しでも改善しようと、私たちは協力して活動にあたります。
にもかかわらず、私たちがこれから成し遂げることから、
多大な公益は得られそうもありません。
これらだけで、バングラデシュという国が
抱えている諸問題は、根本的には解決しえないでしょう。

しかも、私はいずれ死にますし、人類も滅びます。
地球は壊れ、二度と生命体が存続しえる場所は生まれないかもしれません。 
人間のあらゆる活動には、どのような意味が見いだせるというのでしょう。
価値を認識する主体が滅びてしまう以上、
永続的な価値は全て想定でしかありえないのです。 

私の課題は、以上の疑問を踏まえつつ、
安易な自己陶酔や、自分勝手な共生概念、および幻想的世界平和の理念を超えた、
ボランティア活動の意味を考えることです。
昨春、石巻へ泥さらいに行った頃から考えていますが、
まだ明確な答えは出ていません。あるいは、答えはないのかもしれません。
自分のさらなる成長を期して、行って参ります。
マーシー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crew15

Author:crew15
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
バングラデシュでのCrew15のプロジェクトや活動情報を報告します。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(crew15.bangladesh@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。