スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介【コーセー】

みなさんこんにちは。
愛知連盟、武豊第二団の三宅晃生といいます。
今派遣のレクリエーション担当となりました。

私がこの派遣に参加した経緯を話すと、
第一に原隊や地区の先輩方がこの派遣に参加され、
その話を聞いて『自分もひとつ公のために立ち上がるぞ!』と思ったからです。

また、好むと好まざるとにかかわらず、
現在国際化の社会を歩みつつある世界で、
国際的な決定はある国家の内政にまで直接影響を及ぼすようになりました。

そうしたなかで、そこに住む人々が『問題』だと思っていないことを、
外部の人間が『問題』だとして、
さまざまな干渉をしてくることは、
良かれと思ってしていることでも、
ある意味では暴力的なことともいえます。

国際的な支援をする場合、
我々はどこまで踏み込んでよいのか、
どこからがタブーなのか、
そうしたことを知りたいということもあって、
この派遣に参加をしました。

・・・抱負も言ってくれということなので言いますね(´・ω・`)

抱負は、このバングラデッシュ派遣を今後も続けられるよう、
我々がこの派遣に明確な価値があるということを証明することです。

現在、中国も労働者の賃金が上がり、
日本を含む先進国の企業なども、
中国から出てベトナムやタイ、バングラデシュなどに工場を移しています。

バングラデシュはユニクロが参入して話題になりましたね。
ここでひとつ明確に言えることは、東南アジアや南アジアはこれから大きな可能性がある地域だということです。

もちろん他の地域に可能性がないというわけではありませんが、
中東やアフリカはまだまだ不安定だと言わざるを得ません。

現在アジアは紛争も多い時に比べれば減少傾向にあり、
我々が活動しやすくなっています。

この派遣は十五年も続いたものです。
我々の先輩方はとても有能なスカウトであり、
現地の文化や歴史を知らない場合、だから彼らに一から教わろうという謙虚な姿勢で現地の方々と接してきました。
そうした中で築いてきた相互の信頼関係は、何事にも変えられない僥倖でありましょう。

私もそうした先輩方が築いてきたものを踏襲して派遣に望むことを想ってやみません。


とにかく、この派遣団は最高のチームです。
クルーリーダーのケントは、本当に良い奴です。

この派遣が成功するよう、ご協力くださった方々に、謝辞の意を表します。

コーセー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crew15

Author:crew15
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
バングラデシュでのCrew15のプロジェクトや活動情報を報告します。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(crew15.bangladesh@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。