スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介【おやじ】

福岡県連盟 北九州第五団
Crew15 生活担当 21歳 男の中島 優河です。
Crewネームは、オヤジと申します。
どこがオヤジなのか?
見た目と中身です。

さて、この自己紹介をご覧になった方に問題です。

問. もしあなたが、明日から一週間無人島で生活することになったとして、
  「ひとつだけ」何か持っていけるとしたら何を持っていきますか?
  あなたが必要と思う物を挙げてください。

こういうくだらないクイズ、私は大好きです!

もし、自分に必要なものが手のとどかない場所にあるとすれば、みなさんはどうしますか?
そんな時は、きっぱりあきらめる、どうにかして手に入れる、このどちらかを選ぶことできます。
最初の問題では、無人島で生活するのに、自分が持っていけるものは、
たったの「ひとつだけ」なんて、とんでもない事が書いてあります。
食べ物にするか、テントにするか、そうそう服も物のひとつなので他の何かを選んだらスッパで生活しなければいけませんね。
とても不条理な話です。
ではルールにのっとり、ひとつだけ選んでその他の全てを捨てて無人島生活ができるでしょうか。
もちろん私にはそんな自信ありません。       
こういった場合、「どちらでもない」などの曖昧な答えは、あきらめに含んでもいいでしょう。

さて、ここまでご覧になった敬愛すべき友人の皆様、最初の問題について何らかの答えはでましたか?
自分が生活するために必要なものを用意できましたか??

それでは明日から無人島へ出発です。
問題のルールは必要なものを「ひとつだけ」持っていけるでしたね。
たったのひとつだけですから気をつけてください。

ちなみに私は一週間分の食料と調理具一式、テント、携帯電話、あと着替えやipod、その他多数をバッグに詰めるか、大きな物は仕方ないので手持ちで行きます。
ルール違反ですね。
でも、自分が本当に必要と思うならば「ルールだから」とか「仕方ないから」などと様々に理由をつけて、
それをあきらめてはいけないのではありませんか。
以上が不条理に打勝つためには時にルールから外れたとしても、
自分を通さなければならないときもある、というお話でした。

実を言うと私は、派遣に参加するにあたって多くのルール違反をしました。
学生として、北九州のローバーとしてetc...やらねばならぬことの多くをすっ飛ばしてこれに応募したのです。
たしかに、私もこれを引け目に感じていた時がありました。
しかし、私の敬愛するボーイスカウトの先輩や師匠達が言うには、
私にとってこのバングラデシュ派遣とは「君の人生の振れ幅」らしいです。
今、この私がルール違反をしてでもバングラデシュへ行こうと決意し、
沢山の不安を吹き飛ばせることができたのは、人生の振れ幅だよと諭してくださった方々のおかげです。
沢山の親愛なる友人達に私は肩を叩かれたのですから、
今の私はすばらしく晴れた心でバングラデシュを目指せるのです。

うん、やはりカッコつけてこんなことを語るといけませんね。
とても恥ずかしい自分をさらけ出してしまったように思えます。
なので私はビール飲んでこの恥ずかしさを忘れます。
ビール大好き!
オヤジだから!!
そういえば、バングラデシュではお酒が飲めないという話を聞きました。
どうしよう。
さて私はこの不条理に勝てるのでしょうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crew15

Author:crew15
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
バングラデシュでのCrew15のプロジェクトや活動情報を報告します。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(crew15.bangladesh@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。