スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラ派遣を振り返るVOL.5【国際貢献と国際協力】

こんにちは、Crew15のテルです。
先日は真夜中のハイテンションで思うままに筆を走らせ、感じたことをそのまま記事にしたので、まとまりがありませんでした。
今日からは、少しずつじっくりと内容を考え、バングラデシュ派遣を振り返りたいと思います。


IMG_3710.jpg


国際貢献と国際協力
バングラデシュ派遣の特徴の一つに、国際協力というものがあります。
では、この国際協力とは一体どのようなものなのでしょうか? ここではまずはじめに国際貢献と国際協力の違いについて説明したいと思います。

国際貢献とは、他国のために力を尽くすことです。これは援助という意味合いが強いと私達は考えました。援助は一方的であり、そこには常に強力な上下関係が存在します。援助する者自分たちの価値観は絶対であるという認識のもと、下の立場の者を引っ張り上げる。つまり、自分たちの水準まで引き上げてやるというニュアンスが強いのです。

一方で国際協力は支援であるとしばしば言い換えられます。つまり、上下関係はあるものの、そこには相互作用が存在するのです。支援される立場の者のニーズを汲み上げ、下から支え、持ち上げていく。被支援者が自ら動くきっかけを与えること、つまり、自立を促す支援を行う。これが国際協力なのです。

例を示すのであれば、魚を与えるのが国際貢献、魚の釣り方を教えるのが国際協力です。緊急の場合は物や金を与え、引き上げる必要があるが、問題の根本的な解決および自立を促すには支援が必要となります。独立から約40年。バングラデシュの現状を見る限り、援助のフェーズは終わりました。目指すべきは自らの足で歩くこと。必要なのは支援なのです。

本派遣のプログラムを計画するにあたり、過去14年の派遣プロジェクトの内容を全て見返したが、そのほとんどが上に述べた国際協力に当てはまりました。第15回派遣でも、この国際協力をプログラムに組み入れ、計画を行い実行しました。
貧困を打破するアプローチとして、外側からの力では根本的な解決につながらないことは分かっていました。そこで私たちが考えたのが、いわゆる草の根の活動による考え方や生活の枠組みといった構造的なものに対するアプローチです。メンバーとの議論の末、バングラデシュの農村の人々の生活を尊重しつつ、直接現地の人々と触れ合い、生活や活動を共にすることによって彼らの価値観に新しい考え方を提案していこうという考えに至りました。これは国際協力の目指す支援にほかなりません。この支援のやり方のポイントは、外からの知識の提供だけでなく、内側からの問題提起があることです。このプロジェクトをきっかけに自ら問題を発見し、解決するように動機付ける。これが私たちの「魚の釣り方を教える」ことでした。
この考えのもと、私たちはプログラムを入念に練り、プロジェクトを成功させることができたのです。

IMG_4068.jpg

つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マジパネェ!

67On120O
パチンコと競馬とFXで膨らんだ借金【150まん】・・・
一気に返せちゃいましたwwwwwwwwwww
エロお姉たま、Wで美味しい思いさしてもらってマジありがとうwwwwwwwwwhttp://c3x8n931.k.eib3.com/c3x8n931/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

crew15

Author:crew15
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
バングラデシュでのCrew15のプロジェクトや活動情報を報告します。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(crew15.bangladesh@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター

ジオターゲティング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。